知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > ペレケ川に見られるカラフトマスの遡上

ペレケ川に見られるカラフトマスの遡上

現在、知床世界遺産センターから徒歩1分程のペレケ川では、数多くのカラフトマスが産卵のために帰って来ています。

             IMGP3075.JPG


             IMGP3071.JPG

知床の河川で生まれたカラフトマス(稚魚)は、大海原を回遊し長い年月を経て、再び知床の生まれた川へ、子孫を残すため遡上しに戻ってきます。

そして役目を終えた彼らは、他の生き物たちの糧となり、その命は繋がって行きます。

9月10日前後から、マス漁に変わり、サケ漁が始まる頃ですが、ペレケ川では現在が、遡上するカラフトマスを観察できる最適の時期となっています。


                                                          (担当:向山純平)


記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報