知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 木洩れ日と蜻蛉

木洩れ日と蜻蛉

先日、知床五湖の原生林を散策してきました。

その日は、枝葉の間から漏れる木洩れ日が美しく、湖面に水鏡のように景色が映り込んでいました。

IMGP2728.JPG   IMGP2729.JPG

湖のほとりでは、景色だけでなく、木々や草の葉に目を向けると、存在感あふれるオニヤンマ、瑠璃色が綺麗なルリイトトンボなど、沢山の蜻蛉が躍動的に飛び交い辺りを賑やかにしていました。

 
            IMGP2725.JPG

日照時間もだんだんと短くなり、近頃の朝晩は少し涼しく感じられるようになりました。

刻々と知床にも秋の気配が近づき、
観察できる生き物たちも映り変わっていくことでしょう。

知床五湖を散策する際は、湖畔に潜む小さな生き物たちに目を向けてみてください。

                                                           (担当:向山純平)



記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報