知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 8月15~16日・知床連山縦走

8月15~16日・知床連山縦走

8月15~16日にかけて、1泊2日で知床連山を縦走してきました。

岩尾別登山口~羅臼岳~第一火口テントサイト泊~硫黄山~カムイワッカ登山口下山のルートです。

2日間共に、日が燦々と照りつける文句なしの登山日和となり、太陽を仰ぎながらの縦走路でした。
8月のお盆時期ということもあってか、登山者も多く、他の縦走者とも何組かすれ違いました。

         IMGP2240.JPG

縦走路からは、山肌に雪が多く残っている場所が所々に見られ、硫黄山の、第一火口キャンプ地や硫黄沢には、まだ多くの雪渓が残っていました。
岩場近くの雪渓下は空洞となっている箇所が多く、特に骨落の危険がありますので、ご注意ください。

    IMGP2349.JPG    IMGP2390.JPG
    (第一火口テントサイト付近の雪渓)           (硫黄沢の雪渓)

また、縦走路にみられる高山植物ですが、花を咲かせる物、実を付けた物、雪解部より咲き始めた物と多種多様な高山植物が出迎えてくれ、目を楽しませてくれました。

    IMGP2114.JPG    IMGP2128.JPG
 
    IMGP2140.JPG    IMGP2199.JPG

    IMGP2147.JPG    IMGP2253.JPG

※硫黄山登山を考えている皆さま
カムイワッカ湯の滝から硫黄山登山口までの通行区間は、事前申請が必要になります。
登山者に限り、7月2日~9月23日まで徒歩による通行が可能です。詳しくはオホーツク総合振興局網走建設管理部HPをご覧ください。
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/kk/akk/shiretoko_riyou.htm )

~最後に登山をお考えの方へ~
登山口以外にトイレは設置されていません。
そこで活躍するのが携帯トイレです。
世界遺産センターでも販売していますのでお立ち寄りの際はお声掛けください。

                                                          (担当:向山純平)



記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報