知床世界遺産センターホーム

HOME > 活動報告 > 7月2日・斜里小学校三年生の皆さんが来館しました

7月2日・斜里小学校三年生の皆さんが来館しました

昨日7月2日に、地元斜里小学三年生49名の皆さんが来館しました。

社会科見学として来館し、
地域の施設・自然に目を向け、その様子を知ることが目的とのことで、
質疑応答も行い、楽しく勉強していただきました。


DSC_0940.JPG    IMGP9807.JPG


質疑応答では、特にヒグマについて多く質問がありました。
昨年、知床では、ヒグマの目撃・出没件数が、2000件以上もあり、高生息密度でヒグマが生息している地域であることから、ヒグマを含む野生動物と人との距離感がとても大切であることを勉強していただきました。

また、知床で見られる野生動物の特徴や、世界遺産に選ばれた知床だからこその自然の魅力や、それを守る大切さを、お話しさせていただきました。


最後は知床の自然を、
「みんなで守っていくには何をすればいいのか?何ができるのか?」
みんなで考えながら、そうした活動の大切さについてもお話しさせていただきました。

                                                          (担当:向山純平)

記事掲載日: 2020/12/04  カテゴリ: 活動報告