知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 親愛

親愛

本日は青空が広がる快晴の知床。
毎日のように、エゾハルゼミの大合唱が街に森に響いています。

そんな森の色付きは、新緑から緑緑と変わっていき、今年もエゾシカの仔が見られる季節となりました。


 
        IMGP8782.JPG  

   IMGP8789.JPG

先日は、知床五湖でエゾシカの親子と今年初の出会いとなりました。

母鹿が愛くるしい眼差しで仔鹿を見つめ、仔鹿は母鹿にぴったり寄り添い、時に母乳をもらっていました。
互いが互いを想い、必要とする姿に、深い愛情が伝わってきます。

出産シーズンのこの時季、母鹿も生まれたばかりの仔ジカを守るためにちょっと神経質になっています。
このような姿を見かけた際は、そっと遠くから温かく見守ってあげて下さいね。

                                                 (担当:向山純平)



記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報