知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 春めきだした知床ですが...まだまだ流氷はビッシリ!

春めきだした知床ですが...まだまだ流氷はビッシリ!

本日プユニ岬へ行ってみると、雲一つない青空の下にきらめく流氷原野が見られました!

未だオホーツク海を覆う流氷...知床でしかご覧になれない風景が目の前に広がります。

 IMGP5976.JPG


 
IMGP5975.JPG

フレペの滝に続く雪原では、いたる所で、ようやく顔を出しはじめた下草を食むエゾシカが何頭も見受けられました。
今年は例年に比べ雪が多く、餌も乏しかったであろう厳冬期もようやく過ぎ、エゾシカも近づく春を感じているのでしょうか。

IMGP5949.JPG
 

フレペの滝の断崖付近では流氷が融け、海岸部はオホーツク海の青が広がっていました。
写真に小さく写っているのは、
沖合に広がる流氷を見据えているオジロワシです。

だんだんと春めきだし、流氷やオオワシといった、冬の知床特有の自然美や動物達を観察できるのもあと僅かかもしれないですね。

                                                 (担当:向山純平)



記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報