知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 増えてないか!?流氷

増えてないか!?流氷

3月も下旬にさしかかり、
日差しと陽気共に春の兆しがうかがえます。

 

P3180002.JPGそんな中、寒さのピークであろう2月よりも
3月に入ってからの流氷の方が岩のようなゴツゴツ感が見受けられます。
風や潮の力で、流氷の上に流氷が押し上げられているからでしょうか。 

P3180003.JPG

 

海上保安庁の海氷速報( http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/drift_ice/cgi/ice_inform.cgi?mode=ice&lang=J&home=./../../1center.html )
を見ると、まだまだ、オホーツク海を密度の濃い流氷が覆っています。

今年はいつまで見ることが出来るのか
毎日の観察が楽しみです。

 

 

(担当:イナバアヅサ)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報