知床世界遺産センターホーム

HOME > 活動報告 > 3月26日・知床五湖園地~除雪作業~

3月26日・知床五湖園地~除雪作業~

3月26日、自然公園財団が知床五湖園地の積雪量の確認及び、除雪作業を行いました。

気温も陽気も、春めいてきて、市街地周辺では雪解けが進んでいますが、山の上に位置する知床五湖園地には、まだ多量の雪が残っています。

この日は、パークサービスセンター裏の除雪作業を行いました。

IMGP6001.JPG


また、知床五湖園地に向かう途中の道路脇には、雪原にくっきりと残るヒグマの足跡を発見しました。

IMGP5995.JPG

その近辺では、三ヶ所でヒグマの足跡が見られ、早くも空腹に耐え切れず、冬眠穴から出てきている様です。

例年では4月上旬頃から、いよいよヒグマが長い冬ごもりから目覚め、外に出てくる時期に入りますが、今年は早い時期から出てきているようです。


「知床は世界でも有数のヒグマ生息地です。」

知床世界遺産センターでは、フロアレクチャーや展示物を通して、ヒグマと出会わないための心得などを利用者の皆様にお伝えしています。

知床にお越しの際は、是非お立ち寄りください。

                                                 (担当:向山純平)

 

記事掲載日: 2020/12/04  カテゴリ: 活動報告