知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 冬の表情

冬の表情

この一週間、平年よりも寒い日が続いていましたが、ようやく寒さは和らいだようです。

1月10日に、「流氷初日」をお伝えしましたが、次の日には姿を消してしまいました。
一部(欠片)が漂着はしているようですが、接岸の日も近いことでしょう。

さてさて話しは変わり、フレペの滝まで散策に行くと...

IMGP3647.JPG
夏の間に見た装いとはまるで違い、青々しく輝き、荒々しい印象でした!

また、途中の散策路では、懸命に雪を掘っては、草を食むエゾシカの群れ...雪まみれになりながらも、彼らは生き抜くために必死です。

IMGP3641.JPG
なかには呑気に案内板を見ている子もいたり...一体何を想っているのでしょう。笑

帰り道、ふと空を仰げば高くたかく飛翔していくオオワシ。

IMGP3644.JPG

季節と共に、新たな出会いや、表情を魅せてくれる動物たち。
冬ならではの知床をお楽しみください!

                                                 (担当:向山純平)


記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報