知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 穏やかな朝

穏やかな朝

昨日、今日は日差しも差し込み、気持ちの良い青空です。

下の写真は、通勤途中に見るツルウメモドキの実です。
つる性で他木に絡みついており、葉が落葉した後も、そっと隠れるように実が残っています。
鳥達に食べられたり、吹く風や雪に耐えながら、僅かに枝上に残ったツルウメモドキの実がいつまで見られるか...自分にとっては、いつのまにか出勤前の楽しみになっています!
IMGP3364.JPG

周辺をみてみると、ゴジュウカラが観察できたのですが...何でしょう...アングルでしょうか?!
まん丸に太っています!かわいすぎます♪
IMGP3305.JPG

昨日は暦の上では冬至にあたります。これから段々と日照時間は長くなっていくのでしょう。
いつも歩く道でも、見方一つで景色は違って見えるのだと思いました。
IMGP3405.JPG

朝焼けの空の先にあるオホーツク海を眺めながらの、穏やかな朝の出来事でした。

                                                 (担当:向山純平)



記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報