知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > オオワシ

オオワシ

12月に入り今年も残すところあと僅かとなりました。


知床では空を見上げれば、オオワシ、オジロワシの姿を見る頻度も増えてきた、そんな時期です。
知床世界遺産センターでも、来館者の方々から「オオワシを見ました!ホントに大きいですね」なんて声をいただいたりします。
11月16日のブログ「知床の空に...」でオオワシの飛来を写真と共にご紹介しました。
その時はオオワシをうまく撮影できなかったのですが、今回はしっかり撮影することができました。


写真のオオワシは12月5日に、オシンコシンの滝の付近で撮影したものです。
顔立ちが凛々しいですね!!
IMGP3270.JPG
私が撮影したオオワシは一羽だけで止まっていましたが、多い場合では一本の木に何羽ものオオワシが止まっている時もあり、まるで「ワシの木」状態です!
IMGP3290.JPG
風の強い日のほうが飛んでいる姿をよく目にします。
見るたびに思いますが翼を広げた姿は、肉眼で見ると相当の迫力があります!


知床世界遺産センターでは現在、
「オオワシ・オジロワシ生息状況調査」特別展示
http://shiretoko-whc.jp/whc/2012/11/post-389.php
を開催しています。
オオワシ、オジロワシの特徴も詳しく紹介しています。


知床世界遺産センターに来館した際は、是非ごゆっくりご覧になってください。
また、「今日は飛んでいますか?」など気軽にスタッフにお声掛けください。


                                                 (担当:向山純平)








記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報