知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 10月18日・羅臼岳登山情報

10月18日・羅臼岳登山情報

10月18日、羅臼岳を岩尾別登山口から登ってきました。

夏のシーズンは多くの登山者で賑わっていましたが、この日一般登山者は私1人でした。
カツラ、カエデ、ナナカマド、ハンノキ、紅葉を過ぎ去り落葉する木の葉の道に1人身をおき、時間も忘れる一時。
オホーツク展望台~弥三吉水までの紅葉のコントラストの綺麗さには言葉もありません。
IMGP2846.JPG

IMGP2847.JPG

また、10月14日には初冠雪を観測した羅臼岳。山頂に吹く風、冷え込みは、冬の到来を予感させられます。
凍結や暴風の恐れも出てくるでしょう。事前の天候のご確認をお勧め致します。

IMGP2803.JPG
極楽平近くのヒグマの足跡です。
秋風に野鳥のさえずり、躍動する森林の中に確かに感じるヒグマの存在。
動物たちは近づく冬に何を思うのでしょうか。

                                                 (担当:向山純平)






記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報