知床世界遺産センターホーム

HOME > 活動報告 > 東海大学菅生高等学校、中等部74名の生徒の皆さんが来館。

東海大学菅生高等学校、中等部74名の生徒の皆さんが来館。

本日、東海大学菅生高等学校、中等部74名の生徒の皆さんが来館。
IMGP2103.JPG

パワーポイントを使ってのレクチャー及びビデオ上映を行いました。
知床が世界遺産に登録された価値や魅力。
生態系と生物多様性って何なのか?どんな動植物が見られるのか?

また、例年と比べ、ヒグマの出没・目撃件数が異常とも言える知床の現状。
野生動物に餌を与える事は野生本来の生活を一瞬で狂わせてしまいます等と言った事をお伝えしました。

知床世界遺産を後世までみんなで守っていくためのルール・マナーを最後にご紹介しました。

午後からは知床五湖の遊歩道やフレペの滝を散策するそうです。
8月一杯、ヒグマ出没のため散策できる日がとても少なかった知床五湖遊歩道...
どうか今日は無事散策できるように願っています。

                                                 (担当:向山純平)

記事掲載日: 2020/12/04  カテゴリ: 活動報告