知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 8月17日・羅臼岳登山情報

8月17日・羅臼岳登山情報

羅臼岳を羅臼温泉側から登ってきました。

雲間から日差しが見え、適度に風が吹いており、絶好の登山日和でした。
花の見頃は過ぎてしまった印象をうけましたが、羅臼岳山頂からは、硫黄山まで続く知床連山の峰がはっきりと見渡せましたよ!
IMGP1833.JPG
屏風岩から先の分岐点、羅臼岳方向に進む雪渓を除けば、登山道に雪は残っていません。
また、一の壁から二の壁付近まで道幅が狭く単調な道が続きます。
踏み外しにご注意ください。
IMGP1840.JPG
*羅臼平で現れている親子ヒグマを目撃し、その日、計4頭のヒグマを目撃しました。
世界遺産センターでは、連日のように目撃情報が寄せられています。
登山される際は十分にご注意ください。

熊鈴、ホイッスル、熊スプレー等の装備を万全にし、出会ったら慌てず、落ち着いてゆっくり引き返してください。

                                                 (担当:向山純平)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報