知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 硫黄山、登山情報

硫黄山、登山情報

硫黄山、山頂まで登ってきました。
道中、いたる所でヒグマの糞を発見!
知床は世界でも有数のヒグマ生息地と言うことを実感させてくれます。

IMGP1584.JPG

IMGP1622.JPG
目撃情報も多数寄せられております。
クマ鈴、クマスプレー、ホイッスル等を装備し、登山する際は十分ご注意ください。

新噴火口入り口から、硫黄沢出合までの登山道で大変道幅が狭く、根が露出していて足下を踏み外しやすく、崖側に転落する恐れがあります。
雨等によりぬかるんでる際はご注意ください。
IMGP1613.JPG

硫黄沢は、まだ多量の雪渓が残っています。
岩場周辺は雪解けにより、雪渓が切れ落ちている箇所が見受けられたのでご注意ください。
IMGP1618.JPG

山頂は濃霧により何も見えませんでしたが、エゾノツガザクラ、ウコンウツギ、ゴゼンタチバナ、マイヅルソウ、ツマトリソウといったお花が見頃を迎えていました。

*硫黄山登山を考えている皆さま
カムイワッカ湯の滝から硫黄山登山口までの通行区間は、事前申請が必要になります。
登山者に限り、6月23日~9月23日まで徒歩による通行が可能です。詳しくはオホーツク総合振興局網走建設管理部HPをご覧ください。
http://www.okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp/kk/akk/shiretoko_riyou.htm

                                                 (担当:向山純平)


 

 

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報