知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 羅臼岳、登山状況

羅臼岳、登山状況

岩尾別登山口から羅臼岳山頂まで登ってきました。

つい先日の台風の影響により、雪渓の上に土砂が積もっていましたが、倒木等の障害物は見受けられませんでした。
登山する際には問題はないですが、滑りやすくなっているのでご注意下さい。

また大沢から羅臼平までは、雪が多量に残っており、雪渓をしばらく登ることになります。
大沢、中間付近辺りから、大変急斜面になっており、踏み外しにご注意ください。
また、登山道が不明確な場所もあり、帰り道、遭難の恐れがあるので、ピンクテープと現在地の確認を行って下さい。
IMGP1328.JPG
大沢の雪渓の様子です。アイゼンとピッケルが必須です。
羅臼平から山頂までは、距離は短いですが2カ所の雪渓を登る箇所があり、最後は岩盤の上を登ることになります。
天候をご確認の上、登山計画を立てることをおすすめします。
IMGP1349.JPG
羅臼平付近から山頂にかけてキバナシャクナゲが沢山咲いていて綺麗でしたよ!

※羅臼岳、山開きは7月1日となります。楽しみですね!

                                                (担当:向山純平)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報