知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 標高738mの景色

標高738mの景色

知床の山々の多くが、10月2日から次々と初冠雪しています。

写真は、10月4日の百名山・羅臼岳。知床峠(標高738m)から撮影しました。午前中に行ったのですが、強い冷たい風が吹いていました。日陰は、心なしか霜がおりていたような・・・

 

PA040006.JPG

紅葉と冠雪の羅臼岳

旭川市街では、去年より23日も早く雪が降ったとのこと。斜里岳は去年より25日、平年より11日早い初冠雪だったようですが、ウトロをはじめとした知床エリアの市街地も早い初雪を観測するのでしょうか?

 

PA040005.JPG

国後島もよく見えました

初冠雪と対照的に、紅葉の進み具合が遅い気がします。
鮮やかな紅葉は、日夜の気温差が影響するとのことですが、紅葉の進捗具合も見守りたいです。

 

 

 (担当:イナバアヅサ)

 

 

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報