知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > はぐれもの?

はぐれもの?

毎年気になる花があります。
その名もタチギボウシ。

P7270005.JPG丁度今頃、7月下旬から8月上旬開花します。
1株か2株だけで、道路脇にたたずんでいます。
本州では、湿原や雪田などの湿った場所で多く見かける山野草です。

斜里市街からウトロに向かう途中、峰浜という集落があります。
浜沿いの集落で、海別(ウナベツ)岳の麓にあたります。

一昔前は、湿地が広がっていた場所とのこと。
乾燥が進んで湿地性の植物が減ったのか、タネが飛んできて2株だけでたたずんでいるのか。
はぐれものなのか、それとも生き残りなのか。

理由はさておき、
毎年見つけては楽しんでいます。

 

(担当:イナバアヅサ)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報