知床世界遺産センターホーム

HOME > 活動報告 > 洞爺湖町の中学生へ

洞爺湖町の中学生へ

昨日は、洞爺湖町の中学生が修学旅行でやってきました。
2クラスで55名ほどの生徒の皆さんは、一時間弱の時間でしたが、私のレクチャーやビデオ上映の内容について熱心にメモを取っていました。


外はあいにくの雨天でしたが、実物大/実物重量のぬいぐるみやパワーポイントの臨場感溢れる写真を通して、知床の自然や生き物たちについて楽しく学んでいただけたと思います。

 

私も学ばせていただいたことがいくつもありました。
知床の生きもののお話で、オオワシやシロザケなどの海や海岸沿いで生活する野生動物の解説をさせていただきました。
しかし、北海道は広い!
知床とは全く違った自然や景観の場所とのこと。旅の途中に立ち寄ったことがありますが、洞爺湖地域は今も活動する活火山をはじめとした火山景観や温泉の街。知床とは違った雰囲気の活気がある地域です。

 

生徒達も私も、お互い新鮮な気持ちで触れ合うことが出来ました。
今回中学生の皆さんは洞爺湖から知床に来て、「同じ北海道内でもこんなに自然や気候が違うんだ」という事を学んでいただきました。
私も、もっと他の道内の自然や地域から学び、各地の自然・文化や取り組みを知床に活かしていきたいと思います。

 

(担当:イナバアヅサ)

 

 

記事掲載日: 2020/12/04  カテゴリ: 活動報告