知床世界遺産センターホーム

HOME > NEWS > ゴールデンウィーク、にぎわっています。

ゴールデンウィーク、にぎわっています。

ゴールデンウィークの知床世界遺産センター、
今年もにぎわっています!

 P5020007.JPG  P5020009.JPG

北海道内でも、しばしば小さな地震があります。
まだ、GW真っ只中ですが、
地震や天候の影響か、昨年の半分くらいの入りこみ状況です。
しかし、みなさん相も変わらず楽しそうにご旅行をされています。

そんな中、私たちも出来る限り多くのお客様とふれあい、
それぞれの方に合ったメッセージを楽しくお伝えしたいと思っています。
ところで、そんなお客様への対応について悩むこともあります。
そんな時は、ディズニーランドや有名なホテルなど、ホスピタリティー/サービスが評価されている民間企業の姿勢などを参考にすることがあります。

私も国立公園や観光地に出かけることがよくあります。
ダイナミックな自然やその地域の人たちとのふれあいは、癒しにも学びにもなりますよね?
旅行先で、「勉強不足でぶっきらぼう」なスタッフの応対に触れたら悲しくなるかも知れません。だって、貯金はたいて長いときは何日もかけて旅行するんですから。

 

そう思い描きながら、お客様と接したいと思っています。
そうして初めて、私たちのメッセージがお伝えできるのだと思います。
「知床を後世まで残して行きましょう(そのためには、ルール・マナーも必要ですよね!?)」
「安全で楽しい観光をお届けします(自然を守るには、知ることも大切!)」
「知床での気づきを還元してほしい(知床の自然から感じたことが、皆さんの地元で役立つかも)」

 

ブログや当館の展示でお伝えしていますが、知床の自然はダイナミックですがデリケートです。
私たちはこれからも、知床の現状も踏まえながら、
たとえ些細な存在だとしても、地域の方々と、また知床が好きで来訪される方々と密な関係をより深めて行きたいです。

 

(担当:イナバアヅサ)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: NEWS