知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 最近の見頃:夕陽編

最近の見頃:夕陽編

最近の見頃、18時ごろ。日の入りが丁度18時くらい。水平線が赤く染まるのは、17時半くらいからでしょうか。

  P4140008.JPG

私の個人的なお勧めの場所。
①オロンコ岩:ウトロ港にある約60mの巨大岩。さえぎるものが無い水平線を見ることが出来る頂上まで15分ほどで登れます。
②夕陽台:知床森林センター(兼国設野営場)敷地内の夕陽台からは、オロンコ岩と三角岩の中間に沈む夕陽が絶景です。(季節により陽の沈む位置が変化します)
③プユニ岬:ウトロの街が一望できる岬。自然センターに行く途中です。

  夕陽台より.JPG

夕陽台より

 

ウトロからは、知床連山の背面から日が昇り、ロシアに面したオホーツク海に日が沈むのを見ることができます。  コピー ~ DSC_0165.JPG

プユニ岬より

 

日照時間もだいぶ長くなってきました。雪解けも進み、散策に適した季節の到来です。
しかし、朝晩は、まだ、だいぶ冷え込みます。市街のはずれでは、ヒグマの足跡やフンも確認されています。
知床ルールを確認し(当館でお知らせしております)、うららかな春のひと時をお楽しみください。

 

(担当:イナバアヅサ)

 

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報