知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 小寒!

小寒!

暦では、「小寒」!
「大寒(1月中旬)」に次ぐ寒さの日です。知床の厳冬期は2月になるでしょうか。
でも今日は、午後になって、積もった雪を地吹雪に誘うような風が吹いています。

少し前に、
屋久島でガイドをしている友人から、
また、屋久島に関するセミナーで、
屋久島の諸事情を聞く機会がありました。
屋久島は、「木々の梢の水滴までもが透き通った緑、そんな自然の残っている島」という言葉を聞いたことがあります。私も、屋久島を訪れたときに、同じような印象を受けました。
しかし、世界遺産登録から15年、
観光客の増大によって様々な諸問題が膨張しているようです。

お客様がマイペースに訪れる、冬期間。
知床で浮き彫りになった諸問題や、屋久島などから学ぶ多くの戒め。
膨張するより、ゆっくりでいいから、竹のように節を沢山創って成熟に向かいたいと思います。
知床の地域も、人も。

 

(担当:イナバアヅサ)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報