知床世界遺産センターホーム

HOME > NEWS > 生物多様性の解説展示~自然の仕組みをもう一歩理解しよう~

生物多様性の解説展示~自然の仕組みをもう一歩理解しよう~

10月1日より、生物多様性がわかる「COP10生物多様性特別展示」を行っています。

本年は、国連が定めた「生物多様性年」として、当館も生物多様性への普及活動を行っています。また、今月は愛知県名古屋市において世界中の国の代表が集まって生物多様性を守るための会議が開催されます(「COP10生物多様性条約締約国会議」)。

◇開催期間:10月1日~10月31日
        ・~10月20日 8:30~17:30
        ・10月21日~10月30日 9:00~16:30、火曜日休館
◇場所:知床世界遺産センター内休憩コーナー(斜里町ウトロ)
◇お問い合わせ先:0152-24-3255

 

PA020003.JPG

知床の生物多様性や生き物のつながりのヒントに!

知床はたくさんの絶滅に瀕した野生動物の集まるところ、オホーツク海と根室海峡の二つの海に囲まれて海洋ほ乳類など海の生物種も豊富です。海と陸をつなぐサケ類も多く生息します。
しかし、知床のような生物種と、多くの生物が織りなす豊かな自然環境が世界中にそれぞれの特徴をもって存在していた時代はもうこないのかもしれません。
知床も含めて世界中で、自然界から姿を消しそうな絶滅危惧種が増えています。絶滅している種も増え続けています。

PA020005.JPG

書籍も充実!(生物多様性を紐解くヒントにどうぞ!!)

当館の特別展示では、多種多様な生物種や一つ一つの生き物同士のつながりの価値を見いだして、「生物多様性とはなにか?」「生物多様性はどうしたら守れるの?」を紐解くヒントにしていただきたいと思っています。

 

 

(担当:いなば)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: NEWS