知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > <知床五湖>巡視情報

<知床五湖>巡視情報

100616         _025.jpgヒグマが本格的に活動を行う時期となりました。知床五湖に出没するヒグマのお目当てはミズバショウ。写真右下の大きな葉っぱの植物を食べに来るのです。

 6月15日、知床五湖遊歩道の山側に電気柵が設置されました。これにより、3-5湖の遊歩道の利用はヒグマの活動が沈静化する8月下旬頃まで、利用できなくなります。

 ただし、今年は6月19日から7月19日まで知床利用コントロール導入実験が行われ、この期間にモニターツアーに申し込まれた方は、引率者とともに閉鎖中の3-5湖方面の散策を行うことができます。

              モニターツアーについて詳しくはこちらまでhttp://shiretoko-whc.jp/goko/

 

<知床五湖自然情報>

・ウグイス、アオジ、アマツバメ、マガモを確認。

・2湖でネムロコウホネが咲き出しています。双眼鏡があると良く見えます。その他オオヤマフスマ、ヨツバムグラなども遊歩道の片隅で咲いています。

・エゾハルゼミの鳴き声が賑やかです。

・高架木道からはエゾシカ数頭を確認。

 

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報