知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 昔を知ること。

昔を知ること。

フレペの滝遊歩道は新緑の回廊が丁度まぶしい頃。

P5310016.JPG

 

緑のトンネルを抜け振り返ると、新緑の森の後方に山々がそびえ立ち、山肌の残雪が輝いています。
写真の草原にはエゾシカがのんびり草を食んでいて・・・・人も気にせず食べ続けています。
ここの草原の風景は、このエゾシカたちの影響でだいぶ変わってきたようです。黄色いエゾカンゾウや薄紫のチシマフウロなどの花々やススキでいっぱいだったけど、みんなエゾシカが食べてしまったとのこと。この移り変わりや瑞々しい昔の草原は、知床自然センターの「ダイナビジョン」で見ることができます!

 

P5310020.JPG

今回は、知床自然センターでダイナビジョンを見てからの散策でした。
昔を知ると移り変わりが感じられます。
すてきな風景・情景と共に「ありのままの移り変わり」がどうすれば保てるか考えさせられる一時でした。もっと身近に自然や生き物に対してできることがある、歩き方一つで自然に役立てることもあるかもしれない、と。

通り越してしまいそうな風景も、予備知識があればすてきな感動と思索が得られます。
事前学習には、知床世界遺産センターや知床自然センターなどをお役立てください。

 

(担当:いなばあづさ)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報