知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > <フレペの滝遊歩道>自然情報

<フレペの滝遊歩道>自然情報

コピー ~ 100406 フレペ 高橋知里       _005.JPG

片方の角が落ちたエゾシカがいました。

落ちたところはまだ血がにじんで痛々しい感じです。

 

遊歩道沿いはまだ雪が40~50㎝ほどあり、人間もエゾシカもずぼっと踏み抜いてしまうところがあります。

ぬかるみも多くなってきましたので、長靴が最適です。

 

 

 

コピー ~ 100406 フレペ 高橋知里       _025.JPG

遊歩道を歩いているとぽりっぽりっと音がしました。

見上げるとエゾモモンガが木の上から私たちを見下ろしていました。人間が間近にいることにおどろいてしまったのか、体を丸めてじっと動かなくなってしまいましたので、その場からそっと立ち去りました。

<フレペの滝遊歩道自然情報>

・ハシブトガラ、ハシブトガラスを確認

・断崖部でオオセグロカモメ、ウミウ(繁殖羽になっていますよ)を確認

・エゾモモンガ、エゾシカ約50頭、落角シカを確認

・知床連山の雪が解け、山肌が見えてきています。

 

 

 

 

 

 

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報