知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > <フレペの滝遊歩道>巡視情報

<フレペの滝遊歩道>巡視情報

100316 フレペの滝遊歩道 オオワシ幼鳥.JPG

 プラスの気温で雪解けが進むウトロ。知床連山の山肌も少しずつ見え始め、フレペの滝の草原も顔を出し始めています。草原には食べ物に飢えたエゾシカが集まり、枯れ草を食べたり、座って寝ていたり・・・。その数なんと約120頭! 断崖部の下には誤って足を滑らしてしまったエゾシカの死体があり、 オオワシやオジロワシ、ワタリガラスが集まっていました。

※森林内では積雪がまだ1m以上あります。遊歩道を外れると踏み抜く可能性があります。草原部ではぬかるみのある場所もあります。散策には長靴がおすすめです。

<フレペの滝遊歩道自然情報>

・エゾシカ約120頭

・オオワシ、オジロワシ、ワタリガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラを確認

・知床連山の雪解けが進んでいる様子

・流氷は見えませんでした

 

 

 

 

 

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報