知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > オロンコ岩

オロンコ岩

             DSC_0322.JPG

オロンコ岩は、高さ60mの巨岩。アイヌ民族はサマッケワタラ、オロクシュマ(横になっている岩)と呼んでいた。また、この岩の上に住んでいたオロッコ民族がアイヌ族に悪さをし、怒ったアイヌ民族が彼らを打ち破ったという伝説もあり、オロンコとはこのオロッコ民族に由来している。
現在では、この高さからエゾシカの食圧を受けず植生を保っていると共に、海鳥の貴重な営巣の場所である、人気の高い観光スポットになっている。

・オロンコ岩の花情報

       DSC_0297.JPG   モイワシャジン.JPG

           エゾヨモギギク              モイワシャジン

他には、イブキジャコウソウ、ナンテンハギ、ナガボノシロクレモコウ、エゾノコギリソウ、カセンソウ、ハマナスなどが咲いています。

 

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報