知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 大きく育て!

大きく育て!

先日、知床五湖の湖の傍らに、メスジカと小さなシカとバンビ模様の仔ジカがいました。
おそらく、親子なのでしょう。大きなメスジカがお母さん、小さなシカは去年生まれた1歳くらい。そして、とても小さなバンビは生まれたて。

 

母親のお乳を飲む小鹿.JPG

                          授乳中の仔ジカ

 

仔ジカは、5月下旬から6月にかけて生まれますが、しばらくはお母さんのお乳で育ちます。
写真は、授乳中をとらえた決定的瞬間です。
きょろきょろとあちこちを見回し、周囲を警戒していました。

 

ヒグマに注意しつつも、インヴィジブルウォーキング(※1)でそっと森を歩きました。

 

※1 インヴィジブル・ウォーキング:歩行の際、足の側面からゆっくりと着地する歩き方。着地の際に、接地面積が大きく膝や腰に負担が少なく、かかとを引きずることがないので、いくらか「人と大地」にロー・インパクト!歩行の際も静かです!!キツネ歩きともいう。

(担当:いなばあづさ)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報