知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 知床八景の一つ(2)

知床八景の一つ(2)

みなさん、こんにちは。
本日は、知床八景のもう一つの名所をご紹介いたします。

 

P6120007.JPG
夕陽台からの夕陽

写真は、「知床 夕陽のあたる家」のすぐ脇にある知床八景の一つ「夕陽台」からの風景です。
ウトロ港を見下ろしながらの夕刻の景色は、プユニ岬とまた一味違う眺めですよ。

 

風景の素晴らしさを伝えるにあたって、歌手の由紀さおりさんが以下のような興味深い話をしていました。


「私たちは、コンサートでよく〈ふるさと〉という歌を歌いますが、決して感情移入せずに、歌うことにのみ集中することを心がけています。
なぜなら、歌を聞いてくれる人それぞれに思う〈ふるさと〉があるからです。もちろん、私なりの〈ふるさと〉はありますが、聞き手それぞれの〈ふるさと〉を感じてもらいたいと思っています。」

私たち、「人」と「自然」「文化」「歴史」「地域」など、「人」と何かをつなぐ人(≒インタープリター)にとってとても大切なことだと思いました。

写真を撮り終え、素晴らしい夕陽に満足して帰る際、ついボソッと「気持ちまで沈まないうちに帰ろっ」と言ってしまったら、周りの夕陽見物者に苦笑いされました。

それぞれの思う夕陽、それぞれの感性を大切に!

 

 

(担当:いなばあづさ)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報