知床世界遺産センターホーム

HOME > 知床自然情報 > 風薫る今日この頃の花便り

風薫る今日この頃の花便り

 

        DSC_0344.JPG     DSC_0353.JPG

 昨日、今日と、やわらかい暖かな風が吹いている知床・ウトロからのお便りです。

海沿いのカモメやトンビも穏やかに羽を広げています。夕方には微動だにせずに、夕陽にたそがれるオオセグロカモメをよく見かけます(笑)

 

山野草も続々と咲き始めましたよ。

まずは、大昔オロッコ族が住んでいたといわれるオロンコ岩で見かけた植物をご紹介します。

エゾシモツケとマイヅルソウです。春は、白や淡い色の花が多いなあ。

 

知床五湖では、スミレの仲間も咲いています。

どんどん更新してゆきますので、お楽しみに!!

 

(担当:いなばあづさ)

記事掲載日: 2018/07/25  カテゴリ: 知床自然情報