海鳥
【オオワシ】タカ科 英名:Steller's Sea Eagle
白くて長いくさび形の尾を持つ大型のワシです。大きな嘴と足はあざやかな黄色です。額、肩と腿は白色です。
冬鳥として主に北日本の海岸に渡来し、飛来数が特に多い知床では、
海岸の木や流氷上に数十羽がとまっているのが見られます。同じ木に集結して休息する光景は、まるでワシのなる木のようです。
【オジロワシ】タカ科 英名: White-tailed Sea Eagle
   翼の幅が広くて四角いワシです。尾は短く、少しくさび形です。全身は褐色で尾は白色をしています。嘴、足は黄色です。
知床では1年を通して見られる鳥で、少数ですが夏に繁殖しており、人が容易に近づけない海岸断崖上の大木などに巣を作ります。
「カッカッカッカッ・・・」「クワックワックワックワッ・・・」と大きな声で鳴きます。
魚が主食ですが、カモなども捕まえて食べます。
【シマフクロウ】フクロウ科 英名: Blakiston's Fish Owl
 

世界最大級のフクロウで、長くて幅の広い羽角をを持っています。翼は幅広く尾が短く、胸と腹の黒褐色の縦縞が特徴です。
国内では北海道のみに生息しており、魚を主に食べ、広葉樹の大木に営巣します。めったに見られることはありませんが、知床ではごくまれにオスとメスが鳴き交わす声がきこえることがあります。
近年、こうした大木の減少や餌となる魚の減少、河川環境の改変等の生息環境の悪化により生息数は少なく絶滅の危機に瀕しています。

【ハシボソミズナギドリ】ミズナギドリ科 英名: Short-tailed Shearwater
   全身ほぼ黒褐色で、喉から体下面は灰褐色です。翼下面は灰色〜灰白色で、濃淡の変異があります。
オーストラリア南東部で繁殖し、知床では春から秋にかけて数千〜数万羽の大群が訪れます。海面が真っ黒になり、いっせいに飛び立つ様子は圧巻です。羅臼沖にやってくる時期はハシボソミズナギドリの換羽の時期で、飛んだり、餌をとったりが上手にできない時期なのですが、根室海峡の豊富な餌を求めてはるばるやってきます。
【トウゾクカモメ】トウゾクカモメ科 英名:Pomarine Skua
  旅鳥としておもに春と秋に海上で見られ、冬には大きな群れが見られることもあります。
オスもメスも同色で、淡色型から暗色型まで様々なパターンがあります。成鳥の中央尾羽2枚は長く突き出していて、先端が丸みを帯びスプーン状に見えるのが特徴です。
魚類を捕食するほか、カモメ類やミズナギドリ類を襲い、餌を奪い取ります。
 【エトピリカ】ウミスズメ科 英名: Tufted Puffin
   季節によって羽根の色が変わります。夏羽は全身が黒褐色で、目の周辺は白色です。目の上から黄白色の房状の羽毛が出て、嘴は大きく先端はオレンジ色で基部はくすんだ黄緑色です。冬羽は、飾り羽がなくなり、全体に黒っぽくなります。
エトピリカとはアイヌ語で「くちばし(etu)が美しい(pirika)」という意味です。
その数は少なく、絶滅危惧種に指定されています。
【ウミガラス】ウミスズメ科 英名: Common Guillemot
   成鳥夏羽は頭部から喉、首と背からの上面にかけて黒褐色で、光の具合でチョコレート色に見えます。首は長く胸からの体下面は白く、脇に不明瞭な黒褐色の横斑があります。
「オロローン」という鳴き声から別名「オロロン鳥」とよばれています。
魚や甲殻類、軟体動物を餌にしています。
数が非常に少なく、絶滅が危惧されていますが、羅臼沖ではまれに見ることができます。

【マダラウミスズメ】ウミスズメ科 英名: Marbled Murrelet
   夏羽は全体的にこげ茶色で、喉から腹にかけて黄褐色のうろこ模様があり、冬羽は黒と白のツートンカラーです。
他のウミスズメ科の鳥とは違い、主に樹上で営巣します。
知床では、成鳥と幼鳥が観察されたことがあり、繁殖の可能性があります。
極めて数が少なく、神秘的な謎の多い鳥です。
魚類やオキアミ、アミなどの甲殻類を食べます。
【ウミウ】ウ科 英名: Japanese Guillmot
 

首が太くて長く、頬〜喉は白色で、体の大部分は緑色光沢のある黒色です。
流氷が海を埋めつくすと姿を消しますが、少しでも開氷面があると姿をあらわし、流氷の上で大きな羽根を広げて日光を浴びていることがあります。

【ウミネコ】カモメ科 英名: Black-tailed Gull
   中型のカモメで、4年目で成鳥羽になります。嘴に赤と黒の帯があること、尾に黒い帯が目立つことが特徴です。
日本産のカモメ類の中で、成鳥の尾に明瞭な黒帯が残るのはウミネコだけです。
海面近くにいる小魚やエビ類、イカなどを食べています。
「ニャーニャー」とネコのような鳴き声が、ウミネコの名前の由来です。
【シノリガモ】カモ科 英名: Harlequin Duck
 冬鳥として主に北日本地方の岩礁の多い海岸に渡来します。
英名ハーレクインダック(ピエロガモ)というようにオスは特徴ある美しい色彩をしていて、頭、背、胸、腹は紫黒色で顔の前面と目の後方などに様々な形の白斑があります。
脇と側頭部は赤栗色です。メスは全体に褐色ですが、顔の眼の前方と耳羽に白斑があります。
潜水して貝類や水生生物などを食べます。

 
   

知床世界遺産 知床国立公園 ルサフィールドハウス
〒086-1813 北海道目梨郡羅臼町北浜8番地 TEL:0153-89-2722