HOME > NEWS > 長い旅

長い旅


鳥のさえずりがルサにも響き渡る季節となりました。

哺乳類、鳥類のようなポピュラー?な動物だけでなく
カエルやセミなど、小さなものたちも、一気にそのいのちをふくらませています。



さてこちらは、昨年新種として発表された「シレトコホウネンエビ」。

本州では田んぼでよく見かける、ミジンコの祖先だそうで、
画像のものは1センチくらい。

190523blog_rusa.jpg

190523blog_rusa03.jpg

見入っていると「それが世界」になりますが
ふと顔をあげると「これが世界」。
190522rusa_blog.jpg

ヒトの目線では見落としてしまうような浮遊体です。



進化は命がけと言った人がいましたが、
誰もみな、生き延びる方法を、場所を探して、長い時間、長い旅、常にその途中。

夏に至るまでの今時期、
風のない晴れた日は、たいへん心地よく、

山、海、川、小さな水たまりでさえ
生きものの息遣いを感じる知床です。

ぜひみなさんも、足を運んでください。



(フィールドではくれぐれもクマ遭遇には注意くださいね!知床財団イナバ)




 記事掲載日: 2019/07/14  カテゴリ: NEWS
   

知床世界遺産 知床国立公園 ルサフィールドハウス
〒086-1813 北海道目梨郡羅臼町北浜8番地 TEL:0153-89-2722