HOME > NEWS > 自粛要請は解除となりました

自粛要請は解除となりました

8月9日に発見され、以降クズレハマの海岸に残留していた漂着クジラですが、
死体はほぼ食べつくされています。

このため立ち入りの自粛要請は解除となりました。

ただし、まだ骨や皮が一部残っており、周囲には臭気があるため、
ヒグマが付近で食べ物を探し、活動する可能性は依然高いです。

-----------------------------------

仮に漂着クジラがなくても、ヒグマはいます。
カラフトマス遡上シーズンの現在、河口でのヒグマ目撃も多く寄せられています。

知床岬方面でカラフトマス釣りや、トレッキングを計画している人は、
クマスプレーやフードコンテナのクマ対策を必ずおこなってください。

食べ物を無人状態で残置したり、釣った魚をさばいて河口に内臓を捨てたりするのは、
ヒグマへの餌付け行為同然です。

ヒグマへの誤った認識や過信は、事故に直結します。
利用の心得をよく読んから、知床を楽しみましょう。




 記事掲載日: 2016/11/01  カテゴリ: NEWS
   

知床世界遺産 知床国立公園 ルサフィールドハウス
〒086-1813 北海道目梨郡羅臼町北浜8番地 TEL:0153-89-2722